facebook
twitter
tel:0526211634
english site

銀次郎ブログ

猫の代理母制度!?

まずはこちらの写真から……

 母子が仲睦まじく、ごはんを食べている写真です。

本当はこのごはんは母猫の物ですが、ちび子はお構いなく、「私も!」とお母さんのごはんに食らいついていきます。

しまいには、前足をお皿の中につっこんで、ハグハグ(笑)

お母さんネコは、もう食べるのをあきらめています……

お皿をずらしてお母さんネコに食べさせようとすると、はい、この通り。

ミヨーンと伸びてまで、食べようとするちび子。

この後、すっかり食べきった母子は、同じベッドに入り、子猫はお母さんのおっぱいを吸い始めました。

お母さんは子猫をぺろぺろ舐めながら、まったりとくつろぐ……

と一見普通の母猫と子猫ですが、実はこの母猫は、本当の母親ではありません。

いわゆる「代理母」

へその緒がついたままの生後数日のこの子猫を弊店が拾ったとき、、この母猫には自分の子猫が2匹いました。

その後、実子である子猫2匹が相次いで亡くなり、母猫は独りぼっちになりました。

そんな折り、最初から人間がミルクを上げてなんとかよちよち歩きできる大きさまで育ったこの子猫をこの母猫に会わせてみたら、なんとかいがいしく世話をしてくれるようになったのです。

自分の子供と錯覚しているのか?

それとも他人の子だとわかっていて育ててくれているのか?

母猫の気持ちは人間にはわかりません。

でも、愛情たっぷりで育ててくれていることはたしかなのです。

実子が死んでおり、その後この子も避妊をしたので、おっぱいからお乳は出てくるはずがないのです。

それでも、必死で吸いつく子猫と、おっぱいを与え続ける母猫。

その姿は「愛情」以外の何物でもないなぁ、と思います。

この代理母は、実は弊店では過去に何度か経験があります。

少し前に子猫を無くしたり、すでに子猫を産んだ後に避妊もしてしまった元母猫と、小さい子猫を引き合わせると、かなりの高確率で母子のように生活をしてくれるのです。

母猫は子猫を案じてどこに行くにもひっついてきます。

子猫は何かあると母猫のところにいき、ふみふみしたり、ちゅうちゅうと吸ったり。

その姿は血のつながりなんて全く関係ない愛情にあふれてて純粋。

損得がないからこそ、純粋だなぁと感心します。

この代理母、実は生まれたての子猫を保護したときに非常に助かるのです。

生まれたばかりの子猫を人間が育てていくのは、非常に根気が必要です。

時間もマメさも必要。数時間おきにミルクをスポイトであげて、しもの世話をして……一生けん命やっても生後1か月前後まででなくなる確率は非常に高いです。

子猫はたった1日、たった数時間のことで体調が急変してすぐになくなってしまう危険性があるので、こちらも最善の注意が必要です。でも、母猫はそういうことを人間よりもはるかに高い能力で乗り越えていくわけです。

その純真でまっすぐな愛情には頭がさがります。

そしてこのように、しっかり大きく育ててくれます。

(たぶん)我が子だと思って。

猫は感情が薄い。猫はワンコより勝手きまま。気まぐれ。

そんなことはない、非常に愛情深い動物だなと、子育てのたびに実感させられ、頭がさがります。

 

 

口ひげが印象的! クロネコ姉弟の里親様大募集

黒猫の姉弟を保護しましたので、里親様を募集させていただきます。

なぜ姉と弟とわかるか?

……それは次の説明を読んでいただれば、どう考えても姉と弟と思わざるをえないからなのです(笑)

是非にと考えていただけるご家族さまがいらっしゃいましたら、銀次郎までメールでお問い合わせいただくか、直接お店にお越いただければ幸いです。

 

なお、お店の前にも里親募集の広告を出しております。

 

(1)黒×白 に口ひげたっぷりの女の子

生年月日:2017年8月始~半ばぐらい

性別: メス

特徴:りっぱな口ひげ!

女の子なのに、これはちょっとかわいそうと思いましたが、本人の堂々たる主張しっぷりや元気っぷりは、もう口ひげ生えてるからですね、としか言いようがありません(笑)

成長段階:すでにトイレしつけ済、フードはカリカリも食べれます。

予防段階:レボリューションによるノミ除去済、検便検査も問題なし。

予防接種はまだ月齢が達してないのでまだです。

見てください、この貫禄ある座り方。どこぞの社長か!!??
見てください、この貫禄ある座り方。どこぞの社長か!!??
なんども言うようですが、チャップリンみたい・・・
なんども言うようですが、チャップリンみたい・・・

 

しっぽもピンと伸びでいてきれいな女の子です。
しっぽもピンと伸びでいてきれいな女の子です。

(2)真っ黒! 魔女の宅急便キキなのに、男の子

生年月日:2017年8月始~半ばぐらい

性別: オス

特徴:真っ黒で目がくりくり。愛らしい顔立ち。

口ひげ姉さんのインパクトが強すぎてあまり目立ちませんが、この子もきれいな顔立ちをしています。性格はおとなしいです。(たぶんこの口ひげ姉さんと比べれば誰でもおとなしく見える(笑))

でもいざと言うときには自分から立ち向かっていく勇敢なイケメン男子。

成長段階:すでにトイレしつけ済、フードはカリカリも食べれます。

予防段階:レボリューションによるノミ除去済、検便検査も問題なし。

予防接種はまだ月齢が達してないのでまだです。

 

ちょっと気弱そうに見えますが、実は勇敢な時もあります。
ちょっと気弱そうに見えますが、実は勇敢な時もあります。

 

猫のサマーカット 夏の暑さ対策

今年もこの季節がやってきました!

そう、「猫のサマーカット」の季節です(笑)

定期的に洗ったりトリマーさんで毛をカットするワンコと違い、猫は洗ったり毛をカットすることはあまりありません。

必要ない、といったほうが正しいですね。

猫は自分でいつも舐めて綺麗にしているので、獣の匂いがするとか、肌が汚くなるとかいうことがあまりないからです。

長毛種(メインクーンなど毛がふさふさしている猫)は、毛が絡むという理由でブラッシングやカットが必要となってきますが、普通の毛足の猫は「普通は」必要ありません。

そう、「普通は」

でも、たまに短毛種でも毛をカットしたりする場合があります。

猫が障害を持っていたりして、それを理由に定期的にカットして危なくないようにするなどの場合

あまりに太っていて、夏が過ごしにくいので、少しでも毛を少なくして過ごしやすくする場合

それから、飼い主自体が夏の暑いさなかに猫に寄ってこられてその毛やら暑さに耐えられない場合

まあ、この3つ目は飼い主目線なので、あまり正当な理由とは言えないのですが(笑)……

というわけで、銀次郎も毎年、毛をまるっと刈っています。

理由は少しでも暑さをしのぐため。

とはいえ、もともと猫は暑さには強いです。

冬と比べれば夏は比較的楽……というか、自分たちで対策できてしまいます。

でもまあ、暑いよねぇ……というわけで、弊店では毎年この季節にまるっと毛を刈り、ついでに年1回のシャンプーをしていただきます。

サマーカットでは足先、頭、しっぽの先以外はすべてまるっと刈ります(笑)
サマーカットでは足先、頭、しっぽの先以外はすべてまるっと刈ります(笑)

 

ちょっとなさけない姿ですが(笑)、サマーカットでは、脚先としっぽの先、そして頭以外はまるっと毛を刈ります。

 

ほら、足先だけ毛が残っているのがわかりますよね。
ほら、足先だけ毛が残っているのがわかりますよね。

 

ここまるまるっと刈られると、本人たちも結構「俺、ヘン」って思うのか、終わってしばらくはちょっと怒っているというか、情けない気分になるというか……

飼い主からすると、「ああ、これですっきり、しばらくは毛玉を追ってそうじしなくていい」なんてこっち都合のことばかり考えてしまうわけですが、実はこうやって丸刈りするとことで、皮膚自体に異常がないかを確認できるので、ある意味一石二鳥?でもあります。

足先やしっぽの先だけなぜ残すのかについては、去年も書いたかと思いますが、自分の一部ではないと勘違いして猫が傷つけてしまったり噛んでしまうのを防ぐためです。

 

 

 

お店の一時お休みのお知らせ

2017年の営業は基本土曜日、日曜日の週末となっておりますが、HPリニューアルおよびオーダーメイド製品の製作のため、7月は週末もお休みとさせていただきます。

8月からは通常通り、週末営業となります。

なお、商品については商品を置かせていただいている絞りの店「十八番」さんにお問い合わせいただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

HP リニューアルの予定

現在、ホームページのリニューアルを行っております。

今回リニューアルするページはブログのページです。

少し改造して、いろいろな情報やお知らせが見やすくわかりやすくなるようにしていきたいと思っています。

また、銀次郎はフェイスブックにもページを持っておりますので、そちらも合わせてみていただければ嬉しいです。

有松商店 〒458-0924 名古屋市緑区有松2401 TEL:052-621-1634
実用新案等登録済 動物取扱業登録番号/種別 第280449号/保管  第280450番/訓練