ヤラー 猫用フード ホントに絶対に安全???

ヤラーは、「オーガニックフード」としては草分け的なオランダのメーカーです。

このヤラーが他のオーガニックフードのメーカと違うのは、3か国オランダ、スウェーデン、ノルウェーでで「オーガニック」のお墨付きをもらっている、生粋のオーガニックであるということ。

とくにオランダのSkalは厳しいことでも有名な国際認定機関。
そしてこのSkalは、自機関が認めたオーガニックフードにEKOというマークを付けることができる公的機関です。

このマークです↓

eko-keurmerk1

だからヤラーにもこのマークがついています。

他のメーカーさんとの違いについては、「原料の育て方が違う」とかいろいろ書かれていますが、一番の違いは「全ての商品でオーガニック認証」を受けてるということ。

オーガニックについては厳しいEUの法律に沿っているということで、一層厳しい認証をクリアしているとも言えます。

つまり、「絶対に安全で安心

……と、ここで素朴な疑問。

本当に、絶対に、安全で安心なのかい???

そんなにオーガニックオーガニックって、そんなにオーガニックがいいんかい!!???

 

この質問に答えるには、まずは「オーガニックってなんぞや」について、知っておく必要がありますよね。
「オーガニック」とは日本語で「有機」「有機栽培」

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法のこと。

だから、オーガニックフードと言えば、「有機栽培で作ったフード

 

じゃあ、オーガニックフードの目的って、「化学農薬や化成肥料を使わないで、食品の安全性を高めること」なの?

残念!

違います。

実は、これは「結果」。

 

有機栽培で作ることで、作る人の健康や、栽培に使ういろいろな生命にとっても、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現できるといわれています。

自然界は全て連鎖していますよね。

微生物がいて、それを植物が食べて、光合成で栄養を作り、それを人間や動物が食べる。

みんながグルグル回ってます。

だから、自分やワンコやニャンコが健康でずっといようと思ったら、微生物の環境も考えてあげなくてはならない。

この考え方が「オーガニック

それを安全とか健康とかに置き換えてもいいと思いますが、根っこはこの「考え方」

 

そしてその考え方を実践すると、自然と「食物の安全性が高まる」というわけです。

でも、「絶対安全か」???というと、「絶対安全」ではありません!

普通の食品よりは安全性は高いけど、「絶対に安全」とは言えません。

 

食べ物で「安全」を語るとき、主に3つの「安全」があります。

・物理的安全
・生物的安全
・化学的安全
物理的安全と生物的安全は、通常の食品衛生法によって管理されているものです。

だから、どんなフードであれ、販売されているということは、物理的にも生物的にも安全ということになります。

別にオーガニックが特別良いわけではありません。

 

じゃあ化学的安全はどうか?

たしかに、オーガニックの方が他のフードよりはリスクは低いです。

でも、オーガニックだから化学物質が絶対ないか……と言えば、それはウソ。

有機栽培で作っていても、化学物質ゼロにはなりません。

 

そう考えると、結局オーガニックフードは、

「他のフードよりは安全だけど、じゃあ究極の安全フードかといえば保障できない」フード

ということになります。

 

自分のワンコやニャンコに食べさせるかどうか。

それはもう飼い主さん次第です。

もともと虚弱体質だったり、皮膚病だったりなど、なにがしかの病気の徴候があるならば、ヤラーはおススメです。

食べて、徐々に体の体質を改善するにはおススメのフードだと思います。

ワンコやニャンコも人間と一緒で、元来体が弱い子やすぐに皮膚炎などにり患してしまう子がいます。

そういう子は、ヤラーのような中に入っているものが生産者単位から明確にわかるフードを食べることで、徐々に体質を変えていったり、体にこれ以上悪いものを取り込まずに、徐々に体を綺麗にしていくことが必要。

そのためにはヤラーは良いと思います。

 

ただ、別にそういうリスクや病気が現在なく、いたって健康の場合は、飼い主さん次第です。

もちろん悪くないし、安全性も高いので、やらないよりやった方がいいし、やって悪いことは決していないです。

ただ、マストかというと、そこは意見が分かれるところでしょう。

ヤラーは特定の病気に特化した療養食ではありません。
通常の健康維持や体改善に良いとされる「一般メンテナンス食」の位置づけなので、よけいに飼い主さん次第というチョイスになってくるかと思います。
我が家では、以前このヤラーのドライフードをローテーションで入れていた時期がありましたが、味的にどうしてもなじめず、今ではウェットのみを定期的に取り入れています。

たとえば、これ。

FullSizeRender

蓋をあけたとき、全く匂いがしません。

FullSizeRender222
匂いを嗅いでも、ほぼ無臭。
へんなくさみもなし。
スプーンなどでかき混ぜると、「ふんわりもちもち」

フードを雰囲気で語ってはいけませんが、このヤラーのウェットは本当に「体に良さそう」です(笑)

 

フォルツァ10 猫用ウェットフード

「フォルツァ10」のドライフードは、食事療法をメインに押し出したラインナップですが、ウェットフード(缶詰)は、バラエティーに富んでいるので、おススメです。

・食事療法中のためのパウチ
・グルメ缶
・ダイエット缶
・メンテナンス缶

と、ドライフードのラインナップに併せているものと、別個のグルメを追及したものがあります。

我が家で以前使っていたのは、「メンテナンス缶」

ちょっと抜けがありますが、このラインナップです。
ちょっと抜けがありますが、このラインナップです。

このメンテナンス缶は、他のメーカーさんに比べて種類が豊富。
フィッシュでも、いろいろ種類があります。
缶を開けた時の見た目もかなりバラエティーに富んでいます。

結構他のメーカーさんだと、缶を開けたときの色味や雰囲気は使用している魚の種類が違ってもあまり違いがないのが普通。

でもこの「メンテナンス缶」はぜんぜん違います。

たとえば、この2つ。
マグロ缶とイワシサーモン缶ですが、全く見た目も違います。

イワシサーモンをほぐしたところ。
イワシサーモンをほぐしたところ。
マグロ味をほぐしたところ。

 

たしかに。
魚違うから、見た目違って当然!
なんですが、ゼリーの量なども違う気がするのです。

イワシサーモン缶などは、イワシごろっとぶつ切り状態な感じで、ほぐしフレークではありません。

マグロは、ほぐしフレークと言えなくもないけど、どちらかと言うとフレーク状を通り越して、フレーク状をまた寄せ集めて固めてみました、みたいな。

そしてどの缶も全体的に「硬め」です。

ゼリーが硬いというか、身が詰まっているというか、汁気がありません。

若干イワシやサバ缶は軟らかめですが、でも他のメーカーさんのと比べると遙かにかっちりしています。

スプーンやフォークでほぐそうとしても結構硬くてがつっと大振りの塊でお皿に飛び出してきたりします(笑)
また、魚系の缶詰の種類によっては血合の割合がすごく多いものがありますので、白身しか食べないニャンコの場合はお気をつけください。

ちなみに、「グルメ缶」はスープ仕立てで、「メンテナンス缶」よりも数倍おいしそうに見えます。

我が家がこのフォルツァ10のウェットをローテーションに入れていたころは、まだこのグルメ缶なるものは販売されていませんでしたので、試したことがありません。

今度実際に使ってみて、またこのブログにてご紹介させていただきます。

アニモンダ 猫用缶詰

最近雑誌などで紹介されて急に人気?になったようですが、こちらはドイツ製品です。

 

ドイツではアニモンダは有名どころで、比較的安価ですが、栄養的にも良いものを販売していると定評があります。

店主がドイツに住んでいた頃は、スーパーでは売られていませんが、専門店では売られていました。
また、アマゾンなどのネットでは、1缶1ユーロ程度と、かなりお安くセット販売などを購入することができます。

我が家では小さい頃から主にウェットを利用していました。

アニモンダのウェットは本当にジューシーで、缶を開けた時に人間でもシーチキンの缶詰と間違えて食べれるんじゃないか???と思うぐらいです。
(シーチキンといえば、日本製では懐石のウェットがそんな感じですね……)

これは、「海の幸」バージョンのパッケージとその中身です。

032034

そしてこちらは「ツナとエビ」バージョンとその中身です。

031

オーシャンツナ味
エビいりツナ。上にエビが2個入っています。でも割とうちのニャンコはエビを残し気味です(笑)
035
スプーンでかき混ぜるとこんな感じになります。ゼリーも柔らかくて、ほぐしやすいです。ぷーんとよい匂いがします。

 

「ツナとエビ」では血合はほとんど混ざっていませんが、「海の幸」だと下の方に固まってあったりします。

ドイツという国柄、品質や栄養などには非常に気を使っているよい製品だと思います。

上記2つの味の他、「ツナとレッドスナッパー」あたりまでは、ツナメインで万人受けする味のようですが(少なくとも我が家では大丈夫)、「ツナと卵」とか「ニシン」になってくると、缶を開けたときの匂いや雰囲気も違うので、味にうるさいニャンコや味の冒険が苦手な子に開けてしまうと、全く食べてくれない可能性もございますので、ご自宅のニャンコさんの好みを考えた上でお選びください。

たぶん、外れが少ないのが、今回紹介した2種類かと思います。

 

カナガン 猫用缶詰 水分80%のすぐれもの

ドライフードと一緒で、ウェットもなぜかチキン味しか日本では発売されていません。

ということで、こちらは現地イギリスはロンドンで仕入れてきたツナ味。

オーシャンツナ。ツナしかはいっていません。
オーシャンツナ。ツナしかはいっていません。

もう一つのフィッシュ味がこちら。

 

 

エビ入り。
エビ入り。

こちらのツナにエビが入ったタイプの中身は、こんな感じです。

036
少しスプーンでかき混ぜたところ。本当に水分が多いです。

 

これは、本当にジューシーで、どんなニャンコも飛びつく!という匂いと味のようです。

うちの銀次郎はかなりの偏食家で、初物は絶対に口にしないのですが、このカナガンのツナ味は特別。

すぐさまペロリと平らげました。

水分が80%近く含まれているとあって、本当に汁気が多いです。

かといって、スープタイプとは違い、シャビシャビしておらず、普通の缶詰のウェットタイプとスープタイプのいいとこどりがこのカナガンの缶詰。

スープタイプがお好きな子にも普通の缶詰がお好きな子にももってこいです。

まあ、その分缶を開けた時に「ちょっと中身少なくない?」と飼い主としてはちらりと思わなくもありませんが(笑)、食品としての安全性は間違いなし。

この缶詰はおススメです。

https://www.canagan.co.uk/wet-cat-tuna.html