キャットタワーは必要か?

猫を飼う。

じゃあ、いろいろ用意しなきゃ。

トイレ、ごはんのお皿、ベッド、それからキャットタワー……

猫を飼うとなると、それなりに準備しなければいけないものがたくさん。

可愛いベッドとか用意したいとなると、結構お高かったり。

そしてキャットタワーもそれなりのお値段がします。

でも……

キャットタワーって本当に必要なの????

 

猫は基本、上下運動の動物なので、横に広いよりは、縦に長い空間が必要です。

ロスよりニューヨーク、北海道より東京、みたいな(笑)

したがって、上下に動くことがあまりできないおうちではキャットタワーは重要、必須アイテムです。

たとえば、マンションのお部屋だとか、平屋のおうちであまり棚とかがないとか。

でも、2階建てのおうちだったりメゾネット形式のマンションで飼われる場合は、階段がキャットタワーの代わりになるので、特にキャットタワーは必需品ではありません。

天然?の階段があって、そこをいくらでも行き来できるのならば、猫にとっての必要運動はできますので、問題ないです。

ただし、猫の行動範囲を規制していて、階段を使わせない場合などは、やはりキャットタワーで運動を補完してあげることが重要です。

ちなみに我が家では階段があります。

また基本自由にどこでも行き来させているので、窓枠やら押しいれやら、いろいろ上下できる場所があり、特にキャットタワーは必要ない環境です。

 

……が、見てください。

IMG_1584

あります(笑)

それでも、あります、キャットタワー。

これは、押し入れの天袋に登るために設置してあるものです。

猫は以外と押し入れ好きだったりします。

特に押し入れの上についている天袋は、まさに彼らの隠れ家。

病院に連れていかれる危険を察知?したときなど、ひそかに天袋の奥の奥に隠れてやり過ごそうとします。

ですが天袋はさすがの猫でも、なかなか自力では登れない場所。

押し入れは垂直なので、飛ぶとっかかりがないからです。

そこでキャットタワーの登場……押し入れの前に設置してあげると、これで天袋までの道筋が完了。

 

ちなみに、キャットタワーも値段がピンキリ。

1万円以下から10万円以上まで、様々です。

写真のキャットタワーは「ネコバコ」といわれるちょっぴり高めの商品。

現在はPeppyさんや楽天市場さんに出店されているペットショップさんでも取り扱いを始められた商品ですが、もともとは某ペットショップさんが売り始めた、組み合わせ自由でがっしり重たいしっかりしたものです。

進化に従って色もいろいろ出ており、現在は青い板のものが販売されているようです。

ご興味がある方は、「キャットタワー、ネコバコ」で検索したらヒットするかと思います。

(弊店が持っている写真のネコバコは初期型で、板の色も緑やオレンジなどカラフルなものです)