ニャンコの手作りおもちゃ

く口のてがるなニャンコのおもちゃの1つに「ボール」があります。

ニャンコは意外とボールが好きです。

サッカー選手のように前脚で操って、コロコロ転がして遊んだり。

それを冷蔵庫や棚の下、押し入れ奥深くに転がしてしまい、自分ではとれなくなって放置。

しばらくして飼い主が掃除などの合間に、あら、こんなところに……と見つけるといった具合です(笑)

そんなニャンコのボールですが、これが意外と高価。

ある程度の大きさになると、1つ100円前後。

でもそれもちょっと遊んで、噛んで、すぐに唾液でぐっちょりになって、終わり。

最後にはこうなって↓いることが多いです。

IMG_2293

餌皿の中で変わり果てたボールです。

カリカリごはんがくっついていて、もう捨てるしかありません。

1個100円がすぐにこれだと不経済。

ということで、弊店では店主がボールを手作りしています。

手軽なのは羊毛製。

羊毛刺繍用のウールキャンディを使って、暇な時に片手間にちくちくと丸くウールを丸めていきます。

IMG_2277

こんな感じです。

ニャンコはこのウールの感触が大好きなようで、すぐに手を出してきます。

IMG_2280

これだと安価にたくさんのボールが作れて、大きさも調整できますので、お手軽でお財布にもやさしいです。

口の中に入れることを考えても、キラキラしている市販のボールよりも、材質的にも多少は安心できます。

ですが、やはり食べてしまうことがあるので、注意は必要です。

作ったり与えたりしたボールの数はカウントしておいて、万が一にもまるごと食べてしまっていないかは確認するようにしてください。

ちなみに……

この羊毛でできたボールは、羊毛を針でちくちく絡めただけなので形が崩れてきたり、一部だけびろんと飛び出してきたりすることもありますが、そういう時はもう一度針でちくちくと中へ絡めて入れてあげればもとに戻ります。

このボール、カラフルなバリエーションで3月あたりから当店でも販売させていただく予定ですので、またご興味がありましたらお立ち寄りください。

 

 

ワンコ用 シャツ 秋物

ワンコ用のシャツですが、そろそろ秋物を考えねばと思い、今年の秋はこんな感じも悪くないかな…と思い作ってみたサンプルです。

実は、これ絞り生地ではなく、浜松の紬生地を使っています。

FullSizeRender

 

有松絞りの工房なのに……と自分でつっこみつつも、濃紺の生地にぱきっと映えるストライプが気に入り、思わず作ってしまいました。

こんな生地の感じを絞りで作ってみようかとも思いつつ、そうすると秋物には間に合わないから、来年の夏か??などと、早くも1年後のことを考えております(笑)

2015年の秋冬物については現在なににしようかサンプル作成しながら考案中です。

 

 

ワンコ用 キャミソールワンピース

2015年夏の銀次郎の商品は、アロハシャツとキャミソールワンピース。

アロハシャツは、この前このブログでも掲載したYシャツを涼しげな絞り生地で仕上げたものです。

そして、同じく涼しげな絞り生地で作ったのが、こちらのキャミソールワンピース↓

モデルワンコは、トイプードルのニコル。

弊店の工房に来ていただき、サイズを一緒に調整させていただきました。

ニコル、ありがとう<m(__)m>

 

 

012

019

0240

色は、この青、グリーン、そして水色の3色で作成しております。

ただ、この絞り生地はアロハにも使っているため、ほとんど在庫がなく、今年はもう今あるサイズだけで販売終了。サイズオーダーはお受けできない状況になっております。

実際の商品は有松の有松絞りの店「十八番」さんに置かせていただいておりますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りいただければ嬉しいです。

 

 

ワンちゃん用 有松絞り カッターシャツ

2015年夏のテーマは、「ちょっと古風な(?)シャツ」

ということで、いろいろな絞り模様で、このようなシャツを作っております。

 

002

これはベーシックな絞り模様で、少しシックというか落ち着いていますが、なんと、人間用のシャツと同じ模様です!

 

これ以外にも、人間用のシャツの柄として今年使われている絞りと同じ生地を探してきて作ったりしております。

他にも、アロハっぽい模様や、水色、緑など、夏らしい色で現在作成中、店頭に並ぶのは8月第2週あたりとなります。

 

新商品 猫用首輪「ザビエル」 

猫用首輪「ザビエル」を商品ページにアップしました。

こちらは、子猫用、成猫用の2種類ありますが、基本、中にゴムを通して作られていて、長さが調節できないものです。

人間のシュシュと同じですね。

なるべく軽量化を図った結果、バックルや調節用金具をつけずに、シンプルに作ってみようと思った結果、こんな形になりました。

「ザビエル」という名前は、まさに教科書などで見たことがあるフランシスコ・ザビエルからいただきました。

よくザビエルさんの絵をみると、首周りがとってもふわふわしていて、シュシュをつけているみたいですよね。

色やサイズについては、どれも1点ものになるので、同じものはございませんが、ご自分の猫ちゃんの首周り寸法を確かめたうえで、合うものをお使いいただければと思います。