猫を飼うと固定費と突発費が発生します。

どちら猫を飼うのにはいろいろお金がかかります。
一生面倒を見ていくだけの経済力がないと、飼い主にとっても猫にとっても大変です。
経済面で不安を感じらることがあれば、少し猫を飼うことを先送りにするのも一つの手です。

 

(1)初期費用
トイレ用品、ベッド、おもちゃ、フードボールなど、最低限のグッズを揃える必要があります。
これらは1匹飼でしたらその後買い足すこともなく一度きりの費用となりますが、頭数が増えるとその分また買い足していく必要があります。

 

(2)日々のごはん(餌)代金

何を食べさせるのか……ドライフードだけなのか、ウェットもあげるのか、おやつをあげるのか、プレミアムフードにするのか普通の量販店で売っているものにするのか……

組み合わせによって価格は変わってきますが、それでもタダではありませんので1か月数千円程度コンスタントにかかると見越しておいたほうがよいです。

頭数が増えれば、その分もちろん金額も増えていきます。

また、食にこだわる飼い主さんの場合は、最初のうちどの種類や銘柄がいいか飼い主が迷い、「フード難民」となる確率が高いので、余計に費用がかさみます。

どちらにしろ、フードは一生死ぬまでかかる費用ですので、しっかり頭に入れておきましょう。

お金がないから食べさせられない、与える量を減らす、では本末転倒です。

 

(3)トイレの消耗品

猫のトイレにはいろいろな種類がありますが、どれを使うにしろ消耗品があり、それを飼い続けていかなくてはなりません。1頭であれば毎月でも1000円以上は費用が発生しますので、トイレの分も計算にいれて予算組みされるとよいかと思います。

またトイレを定期的に洗ったり、きれいにするというお金ではない人的労力もかかります。

 
(4)破壊される家具や電気製品の修理(パソコン電源など)
侮ってはならないのが、この猫によって破壊される家具や電気製品の修理代または新しいものを買うお金です。

例えばソファーやカーテン、障子など。
猫によって違うので、絶対にソファがボロボロになるとは限りません。カーテンも登る猫と登らない猫がいるので、これも猫次第です。
ただ、汚くなったりボロボロになる可能性が高いです。
最初から「このソファは爪とぎ用」と決めてしまえば、特に買い替えたり、痛みにどうしようか迷う必要もありませんが、もし綺麗なままで使いたいとなると、猫の爪とぎをソファでやらせないようにするか、定期的に貼り換える必要があり、費用が発生します。

その他、猫にもよりますが、電気製品のコードをかじる猫がいます。
ストレスだったり何か不満に感じるからかじるようですが、これが飼い主にとってはかなり痛い出費です。
例えば扇風機のコードなどは、扇風機本体にくっついているので、このコードを修理するとなると、最悪扇風機ごと買い替えなくてはなりません。
またパソコンの電源コードやネット用ケーブルなども地味に痛手です。

対策としては、各コードにプロテクターを巻いておくことです。
プロテクターは100円ショップで売っています。
これを巻いておくと、猫もかじりません。
また、猫も成長するにつれてかじらなくなっていく子がほとんどです。

かじるのはともかくも、気をつけなくてはならないのは、かじられたコードから漏電したり発火したりする可能性です。
恐いので、気を付けてください。

我が家では以前、電子レンジのコードをかじられていることに気が付かず、電源を入れてかなり火花が散って怖い思いをしたことがありました。
……でも、猫を叱ってはいけません。ぐっとこらえます。なかなか難しいですけど(笑)

 

(5)動物病院にかかる費用
ワクチン接種、健康診断、その他病気など動物病院にかかる費用も考えておく必要があります。
ワクチン接種:通常は、生後2か月、3か月、1年目、その後は毎年打つというのが一般的ですが、最近では生後2か月、3か月、1年目を打ってからその後は数年に1回というパターンも出てきています。
完全室内飼いで特に野良猫との接触がなければ、最初の3回(2か月目、3か月目、1年目)を終えた後は特に必要ないというお医者さんもいらっしゃいます。
成猫になってからの接種については、飼い主さんが考えればよいかと思います。
ただし、最初の3回(2か月目、3か月目、1年目)は必須です。
特に2か月目と3か月目に打つか打たないかは非常に重要です。母ネコからの免疫がなくなる時期に打つこれらのワクチンは、ここで打たないとその後通常の健康が維持できずらい体になるとも言われていますので、必ず打つようにして下さい。

値段:完全室内飼いの猫が打つ3種は、だいたい3500円~5000円ぐらい(+8%消費税)で各動物病院によって値段設定が違います。

診断: ちょっと具合が悪いかなと思って病院に連れて行く場合、初診料(または再診料)、診断料、お薬などですぐに5000円~10000円ぐらいはかかるので、少し多めに用意していくのがよいかと思います。
動物病院は基本「自由診療」といって、各病院で初診料金もお薬代もバラバラです。金額は自由設定です。