猫を飼うなら純潔猫か、MIXか?

 

猫と一言で言っても沢山の種類があります。
そして猫を大きくわけると「純潔猫」と「MIX」の2種類となります。

 

純潔猫とは、その名の通り、純潔種の猫です。
有名どころでは、ノルウェージアンフォレストキャット、アメリカンショートヘアー(アメショー)、マンチカン、シャム、ロシアンブルー、ソマリ、メインクーンなどなど。いろいろな協会が猫種数を掲載しており、世界共通の数はありませんが、例えばIPCBA(International Progressive Cat Breeders Alliance)は73種類を特定しています。CFA(Cat Fancier’S Association)41種類を特定しています。

 

これら純血種の猫が欲しい場合は、ペットショップで購入するか、ブリーダーさんから直接購入することになります。
お値段はその時の人気や、同じ種類でも毛の色などによって異なりますので、欲しい種類が決まったらいろんなペットショップやブリーダーさんのホームページで確認されることをお薦めします。

 

銀次郎としてはペットショップで購入されるよりもブリーダーさんから直接購入されることをおすすめします。
ブリーダーさんはその猫種を専門に扱ってらっしゃいますので情報も豊富です。
また、子猫の健康状態もよく、しっかり手入れされて育てられています。
そしてこのようなブリーダーさんは、ペットショップに卸したりはしません。
直接取引して、飼い主さん候補を見極めるブリーダーさんが多いです。

 

ペットショップで売られている子猫は、少し事情が違います。
たしかにペットショップもブリーダーさんから卸してもらって販売していますが、ペットショップに卸すブリーダーさんは上記のようなブリーダーさんとは少し違う場合が多いです。
もう少し管理が雑多であったり、純潔と言いながら多少違う系統が入ってきていたり、曖昧でグレーな部分も多いです。
また、このようなブリーダーさんの中には、生まれた子猫がの毛色がわずかに欲しかった(または売れ筋)の色と違うだけでその子猫を簡単に捨ててしまう人もいます。                                                      そのような子猫を何匹か銀次郎でも保護したことがあります。

 
お金をかけずに猫を飼いたい。どんな種類でもいい。日本猫がいい。
そういう方は、いわゆる「MIX(ミックス)」と言われる猫を飼うことになります。
MIXとは、純潔でないことです。
三毛猫だったり、キジトラ、サバトラ……などと毛色で呼ばれる猫たちです。
銀次郎の看板猫の銀次郎や玉三郎もMIX(サバトラ)です。

 
また、中には純血の色を濃く残しているMIXの子もいます。
例えば、この子

画像-0024_001
この子は弊店が子猫の時の保護した子ですが、先祖?にロシアンブルーが入っています。
目の色がロシアンブルー特有の色ではないので、先祖か三親等以内ぐらいでMIXが入っていると考えられます。
また、シャムの子を拾ったこともあります。
目の色もシャムのままです。
ただ、わずかにMIXが混じっています。
こういうMIXの子が欲しい場合は、保護活動されている団体さん、里親募集サイト、動物病院などの掲示板などで探されるのが一番早いかと思います。

 
また知人の猫ちゃんに子猫が生まれたなどの情報から辿っていくのもアリです。
ただ最近は、家で飼われている猫は去勢・避妊している率が高いです。
特にMIXの猫は去勢・避妊率が純血猫よりも高いため、こういう子猫をもらうとなるとどうしても野良猫が子猫を産んだのを保護した方からもらったり、そういう子猫を保護した保護団体さんから譲り受ける場合が多くなります。

 
弊店でも季節になると里親様募集を出させていただきますが、知人が半分飼っている状態の野良猫が、用意した軒下の箱の中で子猫を産んだなどのケースがやはり多いです。

 

お外で産まれた子は大丈夫なのか?
よく訊かれる質問です。
たしかに、いろいろ不安に思われることが多いかと思います。
答えは「状況によるけれど、しっかりした団体さんや個人の方が募集されているのであれば大丈夫」

 
弊店でもそうですが、子猫を拾った場合の手順は次のとおりとなります。
(1)病院につれていき、一通り検査してもらい病気やけがの有無を確認。
ノミダニ処置。性別、推定年齢確認
(2)少し保管して栄養状態などを向上
(3)里親様募集

 
里親様募集する時点で、ある程度の健康状態や病気の有無を確認し、処置を施してあります。
先天性の病気がある可能性は残りますが、それ以外は元気に育つことにある程度確信が持てた上での募集となるので、お外の子が良くないということは決してありません。
逆に純血種の猫はその血統特有の病気を発症することもあり、「ちょっとのことでは健康を害さない」「しぶとく元気」という意味では、MIXの子の方が健康という統計もでています。