猫は同居人であるということ

猫と暮らすにおいて一番大切なのは、「飼い主にも猫にも負担にならない決まりを決めること」です。

世の中にはいろいろな育て方マニュアルや指南本が出ています。
でもその全てをその通りにしなくてはいけないわけではありません。
たしかにどの猫にも当てはまる事柄もありますが、実は当てはまらない事柄の方が多いのです。

猫は生き物です。
個性があります。
性格もそれぞれ違います。好みも違います。

自分の猫がどんな子なのか?
それを見極めた上で必要な決まりを作り、それを守らせる。
マニュアルは参考程度にする。
どうしても食べてはいけない物やしてはいけないことだけを守り、それ以外は各家庭で折り合いをつけていく。
これが猫と暮らすうえで一番基本となることだと思っています。

「猫は従わせる動物」ではなく「同居人」「家族」です。