猫の代理母制度!?

まずはこちらの写真から……

 母子が仲睦まじく、ごはんを食べている写真です。

本当はこのごはんは母猫の物ですが、ちび子はお構いなく、「私も!」とお母さんのごはんに食らいついていきます。

しまいには、前足をお皿の中につっこんで、ハグハグ(笑)

お母さんネコは、もう食べるのをあきらめています……

お皿をずらしてお母さんネコに食べさせようとすると、はい、この通り。

ミヨーンと伸びてまで、食べようとするちび子。

この後、すっかり食べきった母子は、同じベッドに入り、子猫はお母さんのおっぱいを吸い始めました。

お母さんは子猫をぺろぺろ舐めながら、まったりとくつろぐ……

と一見普通の母猫と子猫ですが、実はこの母猫は、本当の母親ではありません。

いわゆる「代理母」

へその緒がついたままの生後数日のこの子猫を弊店が拾ったとき、、この母猫には自分の子猫が2匹いました。

その後、実子である子猫2匹が相次いで亡くなり、母猫は独りぼっちになりました。

そんな折り、最初から人間がミルクを上げてなんとかよちよち歩きできる大きさまで育ったこの子猫をこの母猫に会わせてみたら、なんとかいがいしく世話をしてくれるようになったのです。

自分の子供と錯覚しているのか?

それとも他人の子だとわかっていて育ててくれているのか?

母猫の気持ちは人間にはわかりません。

でも、愛情たっぷりで育ててくれていることはたしかなのです。

実子が死んでおり、その後この子も避妊をしたので、おっぱいからお乳は出てくるはずがないのです。

それでも、必死で吸いつく子猫と、おっぱいを与え続ける母猫。

その姿は「愛情」以外の何物でもないなぁ、と思います。

この代理母は、実は弊店では過去に何度か経験があります。

少し前に子猫を無くしたり、すでに子猫を産んだ後に避妊もしてしまった元母猫と、小さい子猫を引き合わせると、かなりの高確率で母子のように生活をしてくれるのです。

母猫は子猫を案じてどこに行くにもひっついてきます。

子猫は何かあると母猫のところにいき、ふみふみしたり、ちゅうちゅうと吸ったり。

その姿は血のつながりなんて全く関係ない愛情にあふれてて純粋。

損得がないからこそ、純粋だなぁと感心します。

この代理母、実は生まれたての子猫を保護したときに非常に助かるのです。

生まれたばかりの子猫を人間が育てていくのは、非常に根気が必要です。

時間もマメさも必要。数時間おきにミルクをスポイトであげて、しもの世話をして……一生けん命やっても生後1か月前後まででなくなる確率は非常に高いです。

子猫はたった1日、たった数時間のことで体調が急変してすぐになくなってしまう危険性があるので、こちらも最善の注意が必要です。でも、母猫はそういうことを人間よりもはるかに高い能力で乗り越えていくわけです。

その純真でまっすぐな愛情には頭がさがります。

そしてこのように、しっかり大きく育ててくれます。

(たぶん)我が子だと思って。

猫は感情が薄い。猫はワンコより勝手きまま。気まぐれ。

そんなことはない、非常に愛情深い動物だなと、子育てのたびに実感させられ、頭がさがります。

 

 

猫のひげの役目とは? 折れたらどうするの?

ひげの役目

人間の毛と違って、ひげは猫にとってとっても重要なアイテム。

「猫はひげで感情を表す」

といいますが、そのとおり。

飼い主さんがニャンコの気分を判断するときのバロメーターでもあります。
気分を表すという役目以外に、もう少し生物学的なお話をしますと……

一般的に「猫はひげで感知する」と言われています。

そのとおり。

ひげは「受容器官(レセプター)」なのです。

ちなみに、英語ではこのひげを「鼻毛」とも言います(笑)

さて、このひげ。

猫の体毛よりもずっとしっかり深く、ぐっさりと猫の身体に植わっています。

じゃあどこにつながっているのか?

なんと、身体の筋肉組織や神経組織につながっているのです!

猫はひげで周囲情報を認識します。
直接知覚神経にその情報を伝えることによって、周囲に何があるかを検知したり、何か変化が起こったことに対して反応します。

レーダーみたいなものですね。

そしてこのひげ。

実は鼻の周りにあるだけではなく、他の場所にもあるんです。

どこでしょう……?

顎のラインと、前足の後ろ側です。

この2か所、観察してみて下さい。ペロンと生えてます(笑)

だから……

猫のひげは切ってはいけません!!!

猫はひげに頼って生きているといっても過言でないので、ひげが短くなると、間隔がおかしくなります。

例えば、距離。

目の前に細い道があって、自分が通れるかどうかを知りたい。

そういうときにも猫はひげを使います。

なので短くなってしまうと、感覚が鈍ってしまいます。

例えば、こんな感じ↓(笑)

 

IMG_3021

(きれっきれに切れてます!)

「切れてな~い!」じゃなくて「切れてま~す!」です……

どんな細いところに入ったのか、ある日突然ポキポキ折られていました。

ちょっとお顔もなさけない……

しかも、折れてたりもします。

IMG_3022

今にも真ん中から落ちそうな感じなの、わかりますか……(笑)

でも、ひげは自然に抜けて伸びるものなので、こうなってしまったら気長に戻るのを待つしかないです。

その他にも、獲物を追っているときの空気振動を感知するのにも猫はひげを使います。

 

 

猫は……右利き?左利き?

ちなみに、人間の世界では、最大95%が右利き。

左利きは全世界人口の10%弱だと言われています。

じゃあ、猫は?

そもそも、猫に効き手なんてあるの……?

あるんです!
猫の世界では約20%が右利き……言われています。

なんでも、

38%の猫が左前足を好んで使い、42%の猫がどちらでもない、つまり両利き。

つまり、ほぼほぼ大半の猫は左利きだとも言えるわけです。

なぜ?

わかりません(笑)

ちなみに、銀次郎は右利きの様子。
いつもボールを右で転がします。

ぱっと最初に手がでるのも右。

でも弟の玉三郎は左利きの様子。
なにをやるにも左の前足が先に出ます。

じゃあ、どうして人間は右が多くて、猫は左が多いのか?

だれも理由はわかりません(笑)

ここでちょっとワンコの話をすると……

犬の場合はオスは左利き、メスは右利きが多い傾向があるそうです。

生物なんでも言えることですが、通常は2つの手があります。

犬も、猫も、人間も2本の前足があります。

そのうちどちらをメインで使うかを決めておくと、両方を使うよりも生きていく上で便利であり、かつ危険な状況で生き残る確率が高い……という意味で、生物は利き手を決めているのではないかとも言われています。

じゃあ、またここで疑問。
どうして猫は左で、人間は右?

実は、これにはもっともらしい話があるのです。

人間はアフリカが起源と通常言われています。
アフリカ人が人間の発祥。

初期のアフリカ人にとって、危険な動物はライオンや豹。

今でも、サファリでの王者はライオン。

アフリカ人が住んでいたアフリカ大陸にも、そりゃライオンやらなにやら昔はうじゃうじゃいたことでしょう。

そして冒頭の話で行けば、ライオンや豹はネコ科なので、左利きだった可能性が高いです。

すると、人間はそれに応戦するためには右を使うことになります。
そうやって人間は右をよく使うようになり、右利きが多くなってきた……

つまり物理的な意味で、人間は右を発達させてきた可能性があるということ。

もしこのおおざっぱな推測が正しいとしたら……

それでも、疑問が一つ残ります。

じゃあどうして猫(ひいてはネコ科の動物)は元来が左利きなのか?

可能性が高い推測としては、アフリカでもっとも強い捕食動物、つまりライオンはどちらの手も平等に使えていた。
そこで、「自然進化」がランダムに片方、つまり左を選んだ。

でも、このどちらかを選ぶときの「どちらか」は大して重要じゃないのです……だって猫の半数は両効きだから。

つまり、「自然」が進化の過程で「猫は左利きか両利きだ!」と選び、人間はそれに従って右手を発達させてきたという理屈。

さてさて、本当はどうなのか……

 

猫の鳴き声は「にゃー」か?

猫の鳴き声と言えば、一般的には「にゃー」と書かれることが多いですよね。

英語だと「meow」
こちらも意味は、「ニャー」「ニャオ」

ですが、既に家族にニャンコがいらっしゃる方はご存じだと思いますが、実は猫がみんな「ニャー」となくとは限りません。
いや、むしろ「ニャー」と鳴く猫の方がこの世には少ないんじゃないか???というぐらい、実は猫の鳴き声はそれぞれ違います。

それはなぜか。

いわば、人間の声も人によって声が違うのと同じこと。
声の質やその子の発音?の特徴などで、違う鳴き方になります。

弊店の猫も、「ナー」、「ウェェェェ」など、誰一人として「ニャー」とは鳴きません(笑)

しかも一匹に至っては、全く鳴きません。

この子は、我が家に来た時から半年間全く鳴かなかったため、「もしかしてこの子は声帯がおかしいのかも」と思ったぐらいです。

でも、病院に連れて行くときにかごなどに入れると、なんとか絞り出すように「ウウウ」と言うので、「ああ、この子は鳴かないタイプだな」とわかったしだいです。

結局その後6年以上年が過ぎましたが、これまで普段の生活で一度も鳴いたことはありません。

よくニャンコは、鳥などを見ると「ケケケ……」と不気味な声で鳴いてたりしますよね。
この子はそういう声もなく、いつも無言(笑)

唯一、たまーにですが、こっちが気が付かないときなどに、「ぷすっ」という鼻音を出して注意を引こうとする程度。

一体どういう声で本当は鳴くのか……一度は聞いてみたいなと飼い主としては思いますが、どうやら本人は声を出す気はさらさらなさそうです。

 

IMG_2122
この猫は、これまでまったく鳴いたことがありません。どういう声なのか、いつか「にゃー」と言ってくれるのを夢見て?おります。

 

鳴く鳴かないで言えば、慣れてくると鳴きはじめる猫もいます。

例えば、野良猫さんなどにもこのタイプが多くいます。
最初は親しくないので、全く鳴かないのですが、長年顔を合わせてると、次第に打ち解けていき、ついには鳴いて要求してきたり甘えたりと態度が軟化していきます。
これは、「この人間は大丈夫だ」「要求してもOKだ」とまあ、いわば心を許して(というか、要求を聴いてくれるヤツだと甘く見られはじめた?)きたとも言えます。

つまり、猫もやっぱり何か「要求」があるから鳴くわけです。

「ご飯がないぞ」
「撫でろ」
「うんちしたからトイレきれいにして」
「窓開けて」
「ヒマだから遊んで」
「テレビばっかみてんじゃねぇよ!」
「パソコンばっかしてんじゃねよ!」
「長電話すんな!」

などなど……

そして、こういう普通の要求以外にも、先ほども書いた外の鳥などに向けて発せられる「ケケケ」だったり、雄猫同士がかち合った時のうなり声だったりも鳴き声といえば鳴き声。

鳴き声は猫の気分を表す「猫の表情」

本当に、猫は奥深い生き物です(笑)
とはいえ、猫の声や「ゴロゴロ」っと喉を鳴らす音についてはまだまだ完全には解明できていない部分も多く、どれも「のようだ」だったり「の機能と思われる」程度の推測でしかないですよね。

そう考えると、実際に猫と暮らしている飼い主さんの勘や経験が、実は一番実地的でアテになるのかなと思います。

猫の毛色と性格の関係

よく、「○○色の猫の性格は××だ」などという記事を見かけます。

猫の性格分析とでも言うのでしょうか。

あれは本当なのか……???

店主も実際、いろいろな雑誌やら投稿記事やらに書かれているものを拝見し、昔は、「そうか~」などと感心したり、自分の猫と照らし合わせたりしてみましたが……
結論、「ネコの毛色と性格はまったく関係がありません!」(笑)

いや、科学的にどうかはわかりませんが(たぶん、解明はされてないと思います)、長年、猫を見てきて、「こりゃないな」と思っております。

普通に考えれば、そこに相関性は早々ないですよね、きっと。

人間も、「色が白いから優しい」だとか、「髪の色が真っ黒なら元気な性格」というわけではありません。

性格は、個性。

生まれ持ったものと生活環境が相まって、形作られていくもの。

猫も同じ。

実際に、弊店にはサバトラが2匹いますが、性格はまったく違います。

キジトラも2匹いますが、こちらも性格はまったく違います。

実家にいる純血種のシャムとロシアンブルーも同様。

「こうである」と言われる性格とはかけ離れています。

そういえば、よく一般的に言われる「ネコは気まぐれ」「ネコはマイペース」というのも、当てはまらない猫もいますよね。

すごく甘えんぼで飼い主さんの後ろをついて回り続ける子もいるし、マイペースどころか、同居人……いえ、同じマンションの住人ぐらいの感覚の子もいます。

人それぞれ。
猫それぞれ。

ただ、常に全力なワンコと違って、「ほどよく気まぐれ」なのは、猫共通の気質じゃないかなと思います。

ご自分の猫ちゃんはどうですか?

IMG_2134
こうやってワンコと超仲良しなニャンコもいます。もう相思相愛です……どっちも男の子ですが……(‘◇’)ゞ