猫の代理母制度!?

まずはこちらの写真から……

 母子が仲睦まじく、ごはんを食べている写真です。

本当はこのごはんは母猫の物ですが、ちび子はお構いなく、「私も!」とお母さんのごはんに食らいついていきます。

しまいには、前足をお皿の中につっこんで、ハグハグ(笑)

お母さんネコは、もう食べるのをあきらめています……

お皿をずらしてお母さんネコに食べさせようとすると、はい、この通り。

ミヨーンと伸びてまで、食べようとするちび子。

この後、すっかり食べきった母子は、同じベッドに入り、子猫はお母さんのおっぱいを吸い始めました。

お母さんは子猫をぺろぺろ舐めながら、まったりとくつろぐ……

と一見普通の母猫と子猫ですが、実はこの母猫は、本当の母親ではありません。

いわゆる「代理母」

へその緒がついたままの生後数日のこの子猫を弊店が拾ったとき、、この母猫には自分の子猫が2匹いました。

その後、実子である子猫2匹が相次いで亡くなり、母猫は独りぼっちになりました。

そんな折り、最初から人間がミルクを上げてなんとかよちよち歩きできる大きさまで育ったこの子猫をこの母猫に会わせてみたら、なんとかいがいしく世話をしてくれるようになったのです。

自分の子供と錯覚しているのか?

それとも他人の子だとわかっていて育ててくれているのか?

母猫の気持ちは人間にはわかりません。

でも、愛情たっぷりで育ててくれていることはたしかなのです。

実子が死んでおり、その後この子も避妊をしたので、おっぱいからお乳は出てくるはずがないのです。

それでも、必死で吸いつく子猫と、おっぱいを与え続ける母猫。

その姿は「愛情」以外の何物でもないなぁ、と思います。

この代理母は、実は弊店では過去に何度か経験があります。

少し前に子猫を無くしたり、すでに子猫を産んだ後に避妊もしてしまった元母猫と、小さい子猫を引き合わせると、かなりの高確率で母子のように生活をしてくれるのです。

母猫は子猫を案じてどこに行くにもひっついてきます。

子猫は何かあると母猫のところにいき、ふみふみしたり、ちゅうちゅうと吸ったり。

その姿は血のつながりなんて全く関係ない愛情にあふれてて純粋。

損得がないからこそ、純粋だなぁと感心します。

この代理母、実は生まれたての子猫を保護したときに非常に助かるのです。

生まれたばかりの子猫を人間が育てていくのは、非常に根気が必要です。

時間もマメさも必要。数時間おきにミルクをスポイトであげて、しもの世話をして……一生けん命やっても生後1か月前後まででなくなる確率は非常に高いです。

子猫はたった1日、たった数時間のことで体調が急変してすぐになくなってしまう危険性があるので、こちらも最善の注意が必要です。でも、母猫はそういうことを人間よりもはるかに高い能力で乗り越えていくわけです。

その純真でまっすぐな愛情には頭がさがります。

そしてこのように、しっかり大きく育ててくれます。

(たぶん)我が子だと思って。

猫は感情が薄い。猫はワンコより勝手きまま。気まぐれ。

そんなことはない、非常に愛情深い動物だなと、子育てのたびに実感させられ、頭がさがります。

 

 

無事、新しい家族に嫁いで(?)行きました!

昨日、3匹の子猫がそれぞれ新しい家族の方に引き取られていきました。

ああ、この瞬間は、やはり娘を嫁にやる父親の気分(笑)

よかったねと思うと同時にちょっと寂しく感じたり。

いやいや、あれだけキーキーキャーキャーと激しく動き回られ、ごはんはこぼすし、粗相はするし。

普段なんでも自分ですましてやってくれる成猫と暮らしていると、今更ながらどれだけ子猫に手がかかるかを実感するわけですが……

それでも、手がかかればかかるほど、何となくぽっかり気分に穴があくというもの(笑)

 

今回は、まずこの2匹が一緒に名古屋市内のK様の家族になりました。

IMG_4015
生後1か月。体重は平均450g前後。

 

どちらもちょうど1か月ほど。

離乳時期の子猫です。

トイレを自分ですることを覚えて、自分でごはんがなんとか食べていけるようになる時期です。

ちなみに、自分で食べれるようになる前は、こんな感じ↓で人間がミルクを飲ませたりします。

 

IMG_4055

 

子猫もよくわかっていて、哺乳瓶の乳首部分を口にいれると、自分で吸い、手まで添えてくれます(笑)

IMG_4056

人間もそうですが、猫も本能で吸うという行為をわかっています。

さて、もう1匹、名古屋市H様の家族の一員になり弊店を去っていったのが、こちらの子。

FullSizeRender

この子は、生後約1か月半。もう自分で食べてトイレにいくことができます。

しかもよく動く! 遊ぶ!

FullSizeRender2
生後1か月半程度。体重は平均650g前後

 

このぐらいになると、少し育てるのが楽になります。

その分いたずらなどが増えて、逆の意味で目は離せませんが、この時期からが一番可愛いという方もいらっしゃいます。

一日中手がかかる生後1か月とは違い、数時間家に誰もいなくても大丈夫な月齢ですので、このぐらいになってから里親様になられるのもよいかと思います。

日本人は何かにつけて小さいものを好む傾向があります。

猫もそうで、小さいうちに欲しい。できるだけ小さいうちに欲しいという方も多くいらっしゃいます。

弊店でもそんな問い合わせを受けることが多いですが、少し大きくなってから飼うというのは、人間にとってもストレスも軽減できます。

(それだけ小さい子猫の面倒を見るのは、大変です。特に自分が仕事をしている、他の何かをしなくてはならないなど時間の制約がある場合は、特に時間がとられて大変な面もあります)

 

ともかくも、チビたちが旅立ち、ホッとした店主です。

銀次郎たちもホッとした様子(笑)なぜかチビたちが巣立った日は、ほぼほぼ1日中寝こけておりました(笑)

IMG_4062-1

……、やっぱりデカっ!!!!

生まれたばかりの子猫を拾ったら……

偶然、外で生まれたばかりの子猫を拾ってしまったら……

4月~6月にかけては、ネコの繁殖期。

いたるところで、子猫が生まれて、それを拾ってしまった人も、里親様探しで大慌て。

里親探しも競争?の時期です。

 

そんな中、2015年4月に野良猫が生み落とした生後1-2日の子猫を拾った方がいました。

弊工房の商品を販売していただいている有松絞りの店「十八番(おはこ)」さんです。

拾った当時、体にはのみが這っていて、iphoneより小さい身体で、もぞもぞと動いておりました。

017

動物病院に連れて行ったら、「多分生きられない」とすでに余命宣告。

さてどうしたものか……と思いつつも、もちろん見捨てられるはずもなく、ご家族総出で寝ずにミルクを飲ませ、ノミをとり、育児ならぬ育猫ノイローゼになりながら、育てて10日以上経ったころ……

「目があかないんだけど」

そんな相談を受けました。

通常、生まれたての子猫の目は閉じています。それが1週間~10日ほどして目が開き、そこで初めて何色の瞳をしているかわかります。

ですが、この子は、2週間近く経つのに目が開かない。

たまに眼球がないなどの身体不全により目があかない子もいます。

人間と一緒で、五体不満足で生まれてくる子猫も沢山います。

そうだったらどうしよう……

「十八番」さんは、動物病院に相談にいきました。

すると、「眼球はあるから、身体不全ではない」とのこと。

じゃあ、気長に待つしかない。

やきもきしながらお世話を続けて、数日後……

023

うっすらと、目を開け始めた子猫の写真が、こちら↑

子猫の目の開く時期はまちまちなので、焦らず待つしかないことを教えられました。

その後、「長くは生きられないのでは」という予想に反して、すくすく育った子猫。

 

006

さらにしばらくすると、目もしっかり開くようになり、このころから少し成長安定期に入ってきました。

いろいろなものに興味を示し、食べて、うんちをして、遊んで、寝る。

そんな猫生活のサイクルができてくるのもこの頃。

3週間~4週間目には、ぐんと身体も安定してきます。

029

このぐらいになれば、あとはしっかり食べさせて、遊ばせていれば、室内飼いの場合は、そこまで気を使わなくても子猫はしっかり育ってくれます。

1ヶ月すぎると、ちょこちょこと走ったり遊んだり、活発な時期。

子猫に危害を加えるようなものは室内に置かずに、ある程度の安全を確保してあげれば、子猫は自由気ままに遊びます。

飼い主としては、とりあえず育猫の最初の山は越えたといってもいいでしょう。

この子は、結局「十八番」さんが飼うことになり、ルイくんと命名されました。

ルイくんを生んだお母さんは、実は幣工房や「十八番」さんのところにご飯をせびりにくる野良猫さんです。

ですが、もうルイくんを見ても、威嚇するだけ。そこに親子の感情はありません。

猫は、自分が生んだ子でも、数日離れていると、他人と認識してしまう場合がほとんどです。

威嚇以上に、他人と認識して喧嘩を続ける親子もいます。

ですが、中には稀にずっと仲良く寄り添って生きている親子猫もいます。

それが親子として認識しているのか、ただ単に自分に害のない猫として認識しているだけなのかはわかりません。

猫にも感情はあります。

それは間違いないです。

プリミティブ(原始的)な感情ではありますが、好き嫌いなどの感情はあります。

でも、親子愛を感じる感情があるか……謎です。たぶん、これからもこれは解明されないのでしょう……