野良ネコを拾ってしまったら?

子猫(成猫)を道端で拾ってしまった場合はどうするか?

 

まずは、病院につれていき、一通り検査してもらい病気やけがの有無を確認しましょう。
ノミダニの有無も確認して処置してもらいます(だいたい外猫にはノミダニがいますのでここは確実に!)。
そして性別や推定年齢なども確認します。

 

もし拾ったネコが元気であるならば、そのまま里親を探すということになりますが、がりがりに細かったり弱っている場合は里親募集する前に少し家で栄養をつけさせて体力を回復させてあげてください。

 

もし猫が自分で食べることも出来ないぐらい弱っている場合は、病院て点滴を打ってもらいます。
人間と同じで、自力で食べれないのであれば強制的に栄養を入れてあげなくてはなりません。

 

しばらくして自分で食べれるようになったら、しっかり食べさせて体力を回復させていきます。

 

ずっと食べていなかった猫は、飢餓状態にあるのか、ものすごく食べたりしますが、心配せずに食べたいだけ食べさせてあげて下さい。
満足したら普通の量に戻りますので大丈夫です。
この飢餓状態は数日続くこともあるし、過去の経験では数か月続いたこともあります。
それでも「いつもご飯がもらえる」とわかれば自然に量は減っていきます。

 

そして元気になったところで、里親様を探したりする活動に入ることになります。

拾ってしまったら、最低限度は自分でしなくてはならないと思ってください。

お金もある程度かかります。

少しの間だけでも自分の家には置いておけないけど、かわいそうだから拾ってしまったという方から相談をいただくことがあります。

こういう場合は、もう「拾わない」と心を鬼にする決断も大事です。

そして拾ってしまった以上は、できるだけのことをする。その決意も大事です。