猫の育て方 食べ物について

好き嫌いなく育てる。
これは猫にとってもすごく重要なことです。
その後の飼い主の苦労の度合を左右することでもあります。

子供さんを育てる際にもそうであるように、やはり猫でも「好き嫌いは小さい頃に由来」します。

子猫の頃に食べなかったものは、なかなかオトナ猫になったら食べてくれません。

猫は犬と違ってよくグルメ、味にうるさいなどと言われますが、たしかにその通り。
だからキャットフードは本当にバラエティに富んでいて、味も工夫がなされているものが多いです。

小さい頃からフィッシュ味ばかり食べていた猫は、大人になっていきなり「お肉味」を出されても敬遠してしまう場合が多いです。
逆もしかり。

また同じ味でも、ペットフードのメーカーが違えばもちろん粒の形や味も違うので、これも同じものを食べ続けていると他のブランドは食べなくなってしまうことも多いです。

もちろん、そういうこだわりなく、初見のごはんをパクパク食べる子もいます。
ですが、総体的にそういう子の割合は少なく、やはり初めてのフードは敬遠する子が多いです。

さてそこで、子猫を飼う際の、おススメとしては……

・まずは、いろいろな味、いろいろなブランドのフードをまんべんなく食べさせる。

これに尽きます。

この「いろいろなブランド」とは、プレミアムも普通のスーパーなどで販売している廉価なフードもなんでもです。

よく動物病院などで勧められるのはヒルズやロイヤルカナンですが、こればっかりでは後々飼い主として苦労することが予想できるので、これだけで育てるのはおススメできません。

そして、いろいろ食べさせて育てていき、ある程度の大きさになったら、数種類の固定銘柄を決めて、それ以外はたまにローテーションに入れる形で食べさせていきます。

子猫の時に食べたり好きだったからといって、大人猫になってもその銘柄が好きなままでいるかはわかりません。
オトナになったら嫌いになったりする味や銘柄もあります。
それは、それ。
しょうがないです。

逆に大人になっていきなり食べ始める味や銘柄もあります。
人間が、子供のうちはわさびがだめだったけど、大人になったらわさびないとお寿司が食べられないようになるのと同じです(笑)

そういう個々の変化や趣向には、飼い主さんが柔軟に対応して下さい。

では、なんでいろいろ食べさせておいた方がよいのか?

猫は、自分の好みがはっきりしている動物なので、自分の好きな味じゃなかったりすると、お腹が空いていても食べなかったりする場合があります。
まるっと2日ぐらい食べないなんてことも、経験上あります。

ですが、最近日本でも頻繁にある自然災害(地震や大洪水など)に運悪く見舞われてしまった場合、ニャンコのごはんを選んでいられない時もあります。
そういう時、「この銘柄のこの味じゃないと食べません」では、生死にかかわってきてしまいます。
非常時にとりあえずどんなものでも総合栄養食であれば自ら食べることができるようになっておくことが、実はかなり重要なのです。

……店主がこういう結論に至ったのには、もちろん過去の苦い?経験があります。

一度「フィッシュ味」ばかり食べさせていたら、ビーフとかチキンなどの肉類、お米の入ったもの、ハーブ系など一切ダメで、銘柄も決まったものしか食べなくなってしまったニャンコがいました。

どんなにお腹が空いていても、その銘柄が出てこない限りは食べないという筋金入りの偏食ネコで、いろいろ困ったものです。

それもこれも、結局は飼い主である店主の育て方がまずかったな……と猛省し、その後はなるべく小さい頃にいろいろ食べさせるようにしています。

もちろんそれでも「フィッシュ系がより好き」だったり「この銘柄が一番好き」など猫によって嗜好は別れていきます。

それは良いのです。

肝心なのは、どんなフードでも「食べようと思ったら食べることはできる」状態にしておくこと。

三つ子の魂百まで。

まさに、です(笑)

猫には猫草が必要か?

猫といえば、猫草。

猫草は、にゃんこが好んで食べる草のことを言います。

どれが猫草というわけではなく、「猫が食べる草」は、まるっとまとめて「猫草」

だから、自分のニャンコと近所のニャンコが、別の種類の猫草を食べているということもアリなわけです。

とはいえ、ホームセンターとかお花屋さんなどで売られているのは、だいたいすっと葉が伸びたやつですよね。

自分で育てるキット状のものもあれば、すでに伸びているものも売ってたり。

そのあたりは飼い主さんとニャンコのお好みでいろいろ選べばいいのですが……

じゃあ、なんで猫は猫草を食べるのか?

はっきりした理由はわかっていません。

猫はしゃべらないので、「どうして好き?」と訊いても答えてくれないところがイタい!

一般的には、毛玉を吐き出すためとか、便の出をよくするためとか、いろいろ理由は推測?されていますが、ぶっちゃけ、「わかってません」(笑)

そして、もちろん猫草をまったく食べないニャンコもいます。

ちなみに弊店のニャンコ4匹も、まったく食べません。

以前与えてみましたが、まったく見向きもせず。

そのまま枕になって終わりました……ほら↓

2010021012200000
あなた、それは枕じゃないですよ……

でも、食べないからといって、健康状態が悪いかというと、まったく健康そのもの。

毛玉も別の方法で吐いているようですし、いたって快便。

なので、別に「猫草はマストアイテムではない」のです。

好きな猫もいれば、嫌いな猫もいる。

単に嗜好の問題です。草を好きな子もいれば、嫌いな子もいる。

それだけのこと。

ただし、道端などの草を食べるのは、どんなに草好きニャンコでも要注意!

中には体に悪いものもあります。

うちも興味本気で2、3枚ぱくっと食べたらしく、その後ものすごい勢いで吐いて大変だったことが何度かありました。

草を食べるならば、市販されているいわゆる「猫草」といわれているものにとどめましょう。

 

 

 

 

猫と塩分の関係

よくワンコやニャンコ用の煮干しや鰹節などで「減塩!」と謳ったりしている製品があります。

こういうのを見ると、塩分は控えめのほうがいいのかな、と思ったりしませんか?

とくに、こーんな老猫を見たりすると、「おいおい、塩分大丈夫?」と背中に問いかけてみたり。

photo 3

人間でも塩分は気をつけなくてはいけないと言われますので、ニャンコやワンコもそうだろう……と思いがちなもの。

でも、実は塩分に関しては「気をつけなくてもよい」のです。

もちろん多いよりは少ない方がよいですが、すごく減塩に気をつけなくてはならないかというと、実際はそんなことはないのです。

では、どうして「減塩」とか「塩分の取りすぎに注意」と言われるようになったのか?

これは、「予防的側面」が強いのです。

ニャンコやワンコの病気で結構な割合を占めるのが、腎不全などの腎臓関係の病気。

これはなんと腎臓が75%壊れないと、診断してもわからないそうです。

75%壊れる前は、「問題なし」と診断されるということは、この「問題なし。健康ですよ」と診断されている間にも、腎臓がどんどん悪くなっていっている可能性があるということ。

だから、
「もしかしたら腎臓の病気にかかっているのかもしれない。だから塩分は控えめにして、万が一病気だったとしても、影響が出ないように努めよう」
という考えが、「塩分ひかえめ」の意味です。

塩分に限らず、味の濃いものは、人間同様ニャンコやワンコも総じて好きなようです。

ほっとくとずっと鰹節食べてたり。

塩分多そうな干し肉とかを食べてたり。

なので、このあたりの手綱は飼い主さんがしっかり握って、なるべく後々体に影響がこない方法で量を調節してあげるのが良いかなと思います。

ニャンコがベジタリアンになれない理由

ワンコは雑食
ニャンコは肉食

と、言われます。

これホント?

ホント、です。

ワンコは雑食。
ニャンコは肉食。

その意味は、ただ「ワンコはなんでも好き」「ニャンコは肉類が好き」という意味ではありません。

実は、もっと切実。

「ニャンコは肉類を食べないと死んでしまう!」という意味なのです。

なにをそんなに大げさな……と思われるかもしれませんが、ホントのホント。

ニャンコは肉類を食べないと必要な栄養素全てを取り込むことができず、死んでしまいます。

だから、ニャンコは絶対に「ベジタリアン」にはなれないのです!
飼い主さんがベジタリアンでも、ムリ。
ニャンコに同じことさせたら死んでしまいます。

ではこの「肉類からしか取り入れることができない栄養素」とはなにか?

代表的なものは、「タウリン」です。

よく、「猫はタウリンが絶対必要」と言いますよね。そのタウリンです。

犬はこのタウリンを体内で作ることができますが、猫はできません。

これが、犬と猫の大きな違いです。

体内で生成できないなら、どうするか。

外から取り入れるしかありません。

そしてタウリンは肉類……お肉とかお魚とか……からしか取ることができません。

これが「ネコは肉食」と言われる意味です。

肉が好き!なのではなく、肉食でないと生きられない、という意味です。

正確には、「肉食」ではなく「完全肉食」です。たまに、「ワンコの餌をにゃんこにあげた」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、これは完全アウト!!!です。

ワンコのごはんには、この「タウリン」が入っていませんので、ずっとワンコのごはんをニャンコに与え続ければ、猫はタウリン不足で死んでしまいます。

逆に、ニャンコのごはんをワンコに与えても、栄養素不足になることはないので大丈夫です。

必要栄養量的に不足する部分もあるので、もちろんダメですが、死んだりするようなことはありません。

ちなみに……

人間もビタミンCを体内で生成することができないので、ビタミンCは絶対になにがしかの方法で取り入れないといけません。
取り入れないと、最悪の場合、死んでしまいます。

このビタミンCについては、犬も猫も体内で作り出すことができるので、人間と違い食べ物から摂取する必要はありません。

 

IMG_1846
野良ちゃんは、野ネズミや昆虫などを食べているのでしっかり肉食栄養補給ができます。

 

 

 

犬のごはん 猫のご飯 基本のいろは

ワンコのごはんとにゃんこのごはん。

飼われている方なら一度は気になったりしたことがあるかと思います。
いろいろなメーカーからいろいろな味が出ていたりして、一体どれを買っていいのやら……
って話は、以前このブログでもさせていただきましたが、今回は「基本のいろは」ということで、もっと根本的なことについてです。

うちは今にゃんこを飼っているので、まずはニャンコでご説明。
「基本のいろは」はにゃんこもワンコも同じですので、ワンコを飼われていらっしゃる方もご参考にしていただければと思います。

まず、ニャンコのごはんは、基本「総合栄養食と言われるフード」と水だけでまかなうことができます。

気分的には「毎日それじゃ飽きちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、「にゃんこの健康の維持」という意味ではこの2つで大丈夫です。

 

では、「総合栄養食」とはなにか?

一般で売られているドライフード……例えば「銀のスプーン」「モンプチ」「カルカン」「懐石」などはすべて「総合栄養食」です。

「総合栄養食」とは必要な栄養素が入ったフードのこと。特に他に何か足してあげなくても大丈夫なフードです。

「総合栄養食」のフードには、箱や袋にその記載があります。

ですので、基本はこの「総合栄養食」であるドライフード(カリカリ)を中心に食事構成を考えていきます。

 

ウェットと言われる缶詰やスープタイプは「総合栄養食」ではありませんので、これだけでにゃんこの栄養は賄うことはできません。

おやつに位置づけされるものについてもしかり。
おやつフードばかりを食べていたら、必要な栄養素が足りなくなり病気になったりします。

 

また、手作りフードを与えていらっしゃる飼い主さんの中にも栄養素のバランスが取れていない方がいらっしゃいます。
たとえば、ささみをゆがいたものと野菜をまぜたものとか。
一見ヘルシーに見えますが、ゆがいたささみと野菜だけでは脂質がなく、脂質不足になります。

 

脂質はその名前から「太るからいらない」と思われがちですが、脂質もにゃんこそしてワンコにとってとっても重要な栄養素、「3大栄養素」の一つです。

脂質は贅肉になるのではなく、細胞膜の膜を形成するので、とっても、とっても大事なのです。

ですから、手作りフードを作られる場合は、必要な栄養素をちゃんと考えて、人間の希望ではなくその動物に何が必要かを考えて作らなくてはなりません。

たとえば先程のささみと野菜ならば、ささみを湯がくだけでなく、油で炒めて出すなどの工夫が必要になってきます。

そういう手間を省くのが、「総合栄養食」と言えるでしょう。

 

次に、この「総合栄養食」を与える量ですが、これには「代謝エネルギー」が何かを知る必要があります。

よくフードの箱や袋に「代謝エネルギー」として〇〇〇kcalなどと表示がありますよね。

例えば、100g=350kcalとなっていたら……

これは、100g食べれば350kcalのカロリーが得られる……わけではありません。

なぜなら、「代謝エネルギー」の中には体に吸収されずに出て行ってしまう熱エネルギーも入っているからです。

「代謝エネルギー」の前に、一つ、「総エネルギー」についてちょこっとお話ししますと、まずは、にゃんこやワンコが食べた物すべてのエネルギーが「総エネルギー」です。

でもこの「総エネルギー」=「ワンコやにゃんこが使えるエネルギー」じゃありません。

例えば、尿やふんと一緒に出て行ってしまったり。
そういう体に残らないエネルギーも合わせて「総エネルギー」と言います。

その「総エネルギー」からうんちや尿、おならなどのエネルギーを差っ引いたものが「代謝エネルギー」。

これが、ペットフードに書いてあるカロリー表示です。

でも、この「代謝エネルギー」もまだ、これがすべて使えるわけじゃないのです……

この「代謝エネルギー」の中には、ワンコやにゃんこが体の熱として放出するエネルギーも入っているのです。

この熱エネルギーを差っ引いたものが、ついに「正味エネルギー」、ちゃんと動いたりするのに使えるエネルギーです。

したがって、本当に体に吸収されてにゃんこやワンコの行動の源になるエネルギーは100g食べてももう少し少なくなります。

それを踏まえて、「じゃあ1日何グラム食べさせればいいのか」を
計算する計算式があるのですが、これがちょっと面倒くさいです(笑)

ややこやしい!

しかも、年齢によって計算するときに使う係数も違います。

子猫や子犬、成猫や成犬、老猫や老犬では、動く量も代謝する量も違うから当然と言えば当然なのですが、やっぱりややこやしい!

ということで、この計算方法については、また後日ご紹介するとして……

ニャンコは一気食いはしないのでよいですが、ワンコは基本あればあるだけ食べてしまうワンコが多いので、量には注意が必要です。

……とはいうものの、ニャンコもワンコもそれぞれに「どれだけ食べても太らない子」「食べた分だけ太る子」など体質があります。

ですので、自分のニャンコやワンコの体質や性格を分かったうえでごはんをあげるのがよいかと思います。

なんでも、キツキツに言われた通りきっちりすると飼い主さんも疲れてしまいますし、ニャンコやワンコも疲れてしまいます。

ある程度の誤差はOKにしてのんびり構えるのがベストです。
ちなみに……
我が家ではフードは全く測っておりません(苦笑)

多頭飼いで日中店主がずっといないため、朝に大体の量を4皿にわけて置いておきます。
帰宅するとからっぽになっていることが多いです。
(季節によって違います)

帰宅したら、「お留守番ご苦労様」の意味で缶詰をあげます。
缶詰と一緒にカリカリも置いておくと、缶詰でお腹一杯にならない子はカリカリをついでに食べるし、「もういらないや……」って子はそれで終わりです。

あとは、餌場に常時少しずつ置いておき、お腹が空いた子は食べにくるというセルフサービススタイルです。

猫は昼間よりも夜動きが活発になるので、夜から明け方にかけての方がごはんを多く食べるようです。

ごはんの量が多いか少ないかについては、だいたい食べっぷりを見ているとわかりますので、量を都度調節します。

梅雨の時期や台風の時期で雨が続くと、ごはんの量が減ったりします。
これは、湿気の多い気候で人間と同じように食欲不振になるのもありますが、フードが湿気て美味しさが半減してしまうのも一因です。

なので、こういう時期はフードの長置きはせずに、食べ残しはさっさとタッパか何かに移し替えて、湿気ないようにします。
また、もし少し湿気た場合は、トースター(天火(オーブン)や簡単にパンを入れて焼けるやつです。食パンを2枚縦に入れるトースターじゃないですよ!)にいれて軽く炙ると、湿気が飛んで、匂いが戻ってくるので、ニャンコは騙されて?食べてくれたりします。

ただし、火にかけすぎると、焦げたり、匂いがきつくなりすぎるので、ほんのちょっとです(笑)

焦げたのは……グルメなニャンコは食べません……少なくとも我が家ではNGです。