猫の代理母制度!?

まずはこちらの写真から……

 母子が仲睦まじく、ごはんを食べている写真です。

本当はこのごはんは母猫の物ですが、ちび子はお構いなく、「私も!」とお母さんのごはんに食らいついていきます。

しまいには、前足をお皿の中につっこんで、ハグハグ(笑)

お母さんネコは、もう食べるのをあきらめています……

お皿をずらしてお母さんネコに食べさせようとすると、はい、この通り。

ミヨーンと伸びてまで、食べようとするちび子。

この後、すっかり食べきった母子は、同じベッドに入り、子猫はお母さんのおっぱいを吸い始めました。

お母さんは子猫をぺろぺろ舐めながら、まったりとくつろぐ……

と一見普通の母猫と子猫ですが、実はこの母猫は、本当の母親ではありません。

いわゆる「代理母」

へその緒がついたままの生後数日のこの子猫を弊店が拾ったとき、、この母猫には自分の子猫が2匹いました。

その後、実子である子猫2匹が相次いで亡くなり、母猫は独りぼっちになりました。

そんな折り、最初から人間がミルクを上げてなんとかよちよち歩きできる大きさまで育ったこの子猫をこの母猫に会わせてみたら、なんとかいがいしく世話をしてくれるようになったのです。

自分の子供と錯覚しているのか?

それとも他人の子だとわかっていて育ててくれているのか?

母猫の気持ちは人間にはわかりません。

でも、愛情たっぷりで育ててくれていることはたしかなのです。

実子が死んでおり、その後この子も避妊をしたので、おっぱいからお乳は出てくるはずがないのです。

それでも、必死で吸いつく子猫と、おっぱいを与え続ける母猫。

その姿は「愛情」以外の何物でもないなぁ、と思います。

この代理母は、実は弊店では過去に何度か経験があります。

少し前に子猫を無くしたり、すでに子猫を産んだ後に避妊もしてしまった元母猫と、小さい子猫を引き合わせると、かなりの高確率で母子のように生活をしてくれるのです。

母猫は子猫を案じてどこに行くにもひっついてきます。

子猫は何かあると母猫のところにいき、ふみふみしたり、ちゅうちゅうと吸ったり。

その姿は血のつながりなんて全く関係ない愛情にあふれてて純粋。

損得がないからこそ、純粋だなぁと感心します。

この代理母、実は生まれたての子猫を保護したときに非常に助かるのです。

生まれたばかりの子猫を人間が育てていくのは、非常に根気が必要です。

時間もマメさも必要。数時間おきにミルクをスポイトであげて、しもの世話をして……一生けん命やっても生後1か月前後まででなくなる確率は非常に高いです。

子猫はたった1日、たった数時間のことで体調が急変してすぐになくなってしまう危険性があるので、こちらも最善の注意が必要です。でも、母猫はそういうことを人間よりもはるかに高い能力で乗り越えていくわけです。

その純真でまっすぐな愛情には頭がさがります。

そしてこのように、しっかり大きく育ててくれます。

(たぶん)我が子だと思って。

猫は感情が薄い。猫はワンコより勝手きまま。気まぐれ。

そんなことはない、非常に愛情深い動物だなと、子育てのたびに実感させられ、頭がさがります。

 

 

猫のサマーカット 夏の暑さ対策

今年もこの季節がやってきました!

そう、「猫のサマーカット」の季節です(笑)

定期的に洗ったりトリマーさんで毛をカットするワンコと違い、猫は洗ったり毛をカットすることはあまりありません。

必要ない、といったほうが正しいですね。

猫は自分でいつも舐めて綺麗にしているので、獣の匂いがするとか、肌が汚くなるとかいうことがあまりないからです。

長毛種(メインクーンなど毛がふさふさしている猫)は、毛が絡むという理由でブラッシングやカットが必要となってきますが、普通の毛足の猫は「普通は」必要ありません。

そう、「普通は」

でも、たまに短毛種でも毛をカットしたりする場合があります。

猫が障害を持っていたりして、それを理由に定期的にカットして危なくないようにするなどの場合

あまりに太っていて、夏が過ごしにくいので、少しでも毛を少なくして過ごしやすくする場合

それから、飼い主自体が夏の暑いさなかに猫に寄ってこられてその毛やら暑さに耐えられない場合

まあ、この3つ目は飼い主目線なので、あまり正当な理由とは言えないのですが(笑)……

というわけで、銀次郎も毎年、毛をまるっと刈っています。

理由は少しでも暑さをしのぐため。

とはいえ、もともと猫は暑さには強いです。

冬と比べれば夏は比較的楽……というか、自分たちで対策できてしまいます。

でもまあ、暑いよねぇ……というわけで、弊店では毎年この季節にまるっと毛を刈り、ついでに年1回のシャンプーをしていただきます。

サマーカットでは足先、頭、しっぽの先以外はすべてまるっと刈ります(笑)
サマーカットでは足先、頭、しっぽの先以外はすべてまるっと刈ります(笑)

 

ちょっとなさけない姿ですが(笑)、サマーカットでは、脚先としっぽの先、そして頭以外はまるっと毛を刈ります。

 

ほら、足先だけ毛が残っているのがわかりますよね。
ほら、足先だけ毛が残っているのがわかりますよね。

 

ここまるまるっと刈られると、本人たちも結構「俺、ヘン」って思うのか、終わってしばらくはちょっと怒っているというか、情けない気分になるというか……

飼い主からすると、「ああ、これですっきり、しばらくは毛玉を追ってそうじしなくていい」なんてこっち都合のことばかり考えてしまうわけですが、実はこうやって丸刈りするとことで、皮膚自体に異常がないかを確認できるので、ある意味一石二鳥?でもあります。

足先やしっぽの先だけなぜ残すのかについては、去年も書いたかと思いますが、自分の一部ではないと勘違いして猫が傷つけてしまったり噛んでしまうのを防ぐためです。

 

 

 

無事、新しい家族に嫁いで(?)行きました!

昨日、3匹の子猫がそれぞれ新しい家族の方に引き取られていきました。

ああ、この瞬間は、やはり娘を嫁にやる父親の気分(笑)

よかったねと思うと同時にちょっと寂しく感じたり。

いやいや、あれだけキーキーキャーキャーと激しく動き回られ、ごはんはこぼすし、粗相はするし。

普段なんでも自分ですましてやってくれる成猫と暮らしていると、今更ながらどれだけ子猫に手がかかるかを実感するわけですが……

それでも、手がかかればかかるほど、何となくぽっかり気分に穴があくというもの(笑)

 

今回は、まずこの2匹が一緒に名古屋市内のK様の家族になりました。

IMG_4015
生後1か月。体重は平均450g前後。

 

どちらもちょうど1か月ほど。

離乳時期の子猫です。

トイレを自分ですることを覚えて、自分でごはんがなんとか食べていけるようになる時期です。

ちなみに、自分で食べれるようになる前は、こんな感じ↓で人間がミルクを飲ませたりします。

 

IMG_4055

 

子猫もよくわかっていて、哺乳瓶の乳首部分を口にいれると、自分で吸い、手まで添えてくれます(笑)

IMG_4056

人間もそうですが、猫も本能で吸うという行為をわかっています。

さて、もう1匹、名古屋市H様の家族の一員になり弊店を去っていったのが、こちらの子。

FullSizeRender

この子は、生後約1か月半。もう自分で食べてトイレにいくことができます。

しかもよく動く! 遊ぶ!

FullSizeRender2
生後1か月半程度。体重は平均650g前後

 

このぐらいになると、少し育てるのが楽になります。

その分いたずらなどが増えて、逆の意味で目は離せませんが、この時期からが一番可愛いという方もいらっしゃいます。

一日中手がかかる生後1か月とは違い、数時間家に誰もいなくても大丈夫な月齢ですので、このぐらいになってから里親様になられるのもよいかと思います。

日本人は何かにつけて小さいものを好む傾向があります。

猫もそうで、小さいうちに欲しい。できるだけ小さいうちに欲しいという方も多くいらっしゃいます。

弊店でもそんな問い合わせを受けることが多いですが、少し大きくなってから飼うというのは、人間にとってもストレスも軽減できます。

(それだけ小さい子猫の面倒を見るのは、大変です。特に自分が仕事をしている、他の何かをしなくてはならないなど時間の制約がある場合は、特に時間がとられて大変な面もあります)

 

ともかくも、チビたちが旅立ち、ホッとした店主です。

銀次郎たちもホッとした様子(笑)なぜかチビたちが巣立った日は、ほぼほぼ1日中寝こけておりました(笑)

IMG_4062-1

……、やっぱりデカっ!!!!

猫を飛行機で移動させるには……?

国内線の場合は、1ケース5000円で運んでくれます。
ケースは通常のキャリーケースではなく、移動用のこういうキャリーケースに入れて空港へ持っていきます。

 
キャリーケースは航空会社で貸してくれます(料金別途)が、自分で持っていってそれをそのまま飛行機に乗せてもかまいません。
また、基本的には1頭1ケースと言われていますが、大きいケースの中に2匹入れるなども対応してくれます。

 
1頭1ケースと航空会社が一応規定している理由は、万が一中で喧嘩など2匹の間で何か不都合があった場合を考えてのことですので、2匹が兄弟でいつも家で一緒にいるなど理由を言えば、そのまま2匹1ケースで預かってくれます。
(弊店の場合は、2匹1ケースでいつも運んでいましたが、ケースバイケースなので、詳細は乗る航空会社に訊いてみて下さい)

 

自分がチェックインするときに、猫も一緒に預けます。
そして目的地についたら、預入荷物を受け取るターンテーブル近くで受け取ります。
空港によって受け取り場所が違うので、到着したら空港スタッフの方に確認して下さい。

 

飛行機に乗せるときは、直前に物を食べさせない方がよいです。
輸送中に吐いたりなにかのトラブルを起こす可能性を排除するためです。
また、おもちゃなどの物も中には入れないようにしましょう。
おもちゃで怪我をしたり、誤飲などで緊急事態になったりすることもあります。

 

猫や犬などの動物は、飛行機の貨物室とは別の生き物を入れる場所に固定して置かれます。
その部屋は空調もしっかり管理されていてもちろん気圧の問題もない場所です。
でも、人がずっと見ているわけではないので、ケージの中で猫がどういう状態になっているかはわかりません。
ですので万が一のことを考えて、余分なモノはケージの中に入れないようにします。

 

国際線の場合は、手続きがもっと煩雑で時間もかかります。
実際に海外に引っ越しなどで輸送する手続きが必要になったら、早めに航空会社へ問い合わせして準備を始めましょう。
また、海外へ連れて行くにはマイクロチップの装着が義務となります。

 

 

猫を電車で移動させるには……?

JRや私鉄では、基本猫(およびキャリーケース)は手回り品扱いとなります。
手回り品の切符280円(JRの場合 2016年8月現在)を購入して一緒に乗ります。

 
新幹線など席を事前に決められる場合は、万が一鳴きつづけてもさっと車両から出られたりあまり人の邪魔にならない一番最後列または最前列の窓際の席に座ることをおススメします。

 
乗って膝の上や座席の上に置いたら、軽くタオルなどを上にかけておいてあげると鳴きが減る場合があります。
また定期的に「大丈夫?」と軽く声をかけてあげても安心するかと思います。