ブログトップ

猫の育て方 食べ物について

好き嫌いなく育てる。
これは猫にとってもすごく重要なことです。
その後の飼い主の苦労の度合を左右することでもあります。

子供さんを育てる際にもそうであるように、やはり猫でも「好き嫌いは小さい頃に由来」します。

子猫の頃に食べなかったものは、なかなかオトナ猫になったら食べてくれません。

猫は犬と違ってよくグルメ、味にうるさいなどと言われますが、たしかにその通り。
だからキャットフードは本当にバラエティに富んでいて、味も工夫がなされているものが多いです。

小さい頃からフィッシュ味ばかり食べていた猫は、大人になっていきなり「お肉味」を出されても敬遠してしまう場合が多いです。
逆もしかり。

また同じ味でも、ペットフードのメーカーが違えばもちろん粒の形や味も違うので、これも同じものを食べ続けていると他のブランドは食べなくなってしまうことも多いです。

もちろん、そういうこだわりなく、初見のごはんをパクパク食べる子もいます。
ですが、総体的にそういう子の割合は少なく、やはり初めてのフードは敬遠する子が多いです。

さてそこで、子猫を飼う際の、おススメとしては……

・まずは、いろいろな味、いろいろなブランドのフードをまんべんなく食べさせる。

これに尽きます。

この「いろいろなブランド」とは、プレミアムも普通のスーパーなどで販売している廉価なフードもなんでもです。

よく動物病院などで勧められるのはヒルズやロイヤルカナンですが、こればっかりでは後々飼い主として苦労することが予想できるので、これだけで育てるのはおススメできません。

そして、いろいろ食べさせて育てていき、ある程度の大きさになったら、数種類の固定銘柄を決めて、それ以外はたまにローテーションに入れる形で食べさせていきます。

子猫の時に食べたり好きだったからといって、大人猫になってもその銘柄が好きなままでいるかはわかりません。
オトナになったら嫌いになったりする味や銘柄もあります。
それは、それ。
しょうがないです。

逆に大人になっていきなり食べ始める味や銘柄もあります。
人間が、子供のうちはわさびがだめだったけど、大人になったらわさびないとお寿司が食べられないようになるのと同じです(笑)

そういう個々の変化や趣向には、飼い主さんが柔軟に対応して下さい。

では、なんでいろいろ食べさせておいた方がよいのか?

猫は、自分の好みがはっきりしている動物なので、自分の好きな味じゃなかったりすると、お腹が空いていても食べなかったりする場合があります。
まるっと2日ぐらい食べないなんてことも、経験上あります。

ですが、最近日本でも頻繁にある自然災害(地震や大洪水など)に運悪く見舞われてしまった場合、ニャンコのごはんを選んでいられない時もあります。
そういう時、「この銘柄のこの味じゃないと食べません」では、生死にかかわってきてしまいます。
非常時にとりあえずどんなものでも総合栄養食であれば自ら食べることができるようになっておくことが、実はかなり重要なのです。

……店主がこういう結論に至ったのには、もちろん過去の苦い?経験があります。

一度「フィッシュ味」ばかり食べさせていたら、ビーフとかチキンなどの肉類、お米の入ったもの、ハーブ系など一切ダメで、銘柄も決まったものしか食べなくなってしまったニャンコがいました。

どんなにお腹が空いていても、その銘柄が出てこない限りは食べないという筋金入りの偏食ネコで、いろいろ困ったものです。

それもこれも、結局は飼い主である店主の育て方がまずかったな……と猛省し、その後はなるべく小さい頃にいろいろ食べさせるようにしています。

もちろんそれでも「フィッシュ系がより好き」だったり「この銘柄が一番好き」など猫によって嗜好は別れていきます。

それは良いのです。

肝心なのは、どんなフードでも「食べようと思ったら食べることはできる」状態にしておくこと。

三つ子の魂百まで。

まさに、です(笑)