ブログトップ

4姉妹じゃなく、5姉妹でした……(*_*) 子猫の髭が切られている理由は?

昨日、子猫4姉妹の募集を掲載しましたが、な、なんと、4匹ではなく5匹でした。

5姉妹、同時一斉大、大、大募集中でございます!

5匹目の子も、他4匹と同じく、

 

******************************************************

誕生日: 4月20日頃

性別: メス

色味: 薄茶 (1本足だけソックス履いてる!?)

出生地: 名古屋市緑区

お引き渡し可能日: 6月3日以降

*******************************************************

5匹の中で、一番ふっくらしていて栄養状態が良い子です。

好奇心旺盛で、すぐにウロウロ探検モード(笑)

小顔のとっても可愛い女の子です。

あんまりうろうろするので写真が撮れない!と、思わず店主にひっつかまれたところです(笑)
あんまりうろうろするので写真が撮れない!と、思わず店主にひっつかまれたところです(笑)
弊店の銀次郎にご挨拶。「あ、なんかデカい人が……」「なんだ、また新人子猫?」「あ、はい…よ、よろしくお願いし、します……」「挨拶なってねぇなぁ……」
弊店の銀次郎にご挨拶。「あ、なんかデカい人が……」「なんだ、また新人子猫?」「あ、はい…よ、よろしくお願いし、します……」「挨拶なってねぇなぁ……」

 

ちょっと写真撮られてびびってます……
ちょっと写真撮られてびびってます……

 

 

さてこの子、写真の角度が向かっていつも左側から撮影されているのでわかりませんが、実は右側の髭がすべて切られています。

「切られている」、つまり故意に切られているのです。

誰に?

もちろん捨てた人間に、です。

この子たちは、段ボールにいれられて某公園に捨てられていました。

栄養状態やその他見た目から、一時期人間の手加わっていたのは確かです。

誰かが、どういう理由かわかりませんが、捨てたのです。

そして捨てるときにみんなの髭を片方だけ切り落としていきました。

なぜ?

猫は、両頬に生えている髭でバランス感覚、平衡感覚、そして空間認識をしています。

片方を切ると、バランスがどれずにそう遠くまで歩いていけなかったりと、空間認識が鈍ります。

つまり、捨てた場所からどこにも行かないように、そのまま死ぬように願って切ったという可能性が濃いのです。

捨てること自体も、言語道断ですが、そういう細工をしていくこと自体が、この世の中の覇者である人間の行為としては許せることではありません。

幸いにもこの子たちは心優しい中学生グループに保護されて、九死に一生を得ました。

髭もまた生えてきます。

でも、一度捨てられた、行き場が今ないという状況は、猫にだってわかります。

猫も感覚で感じています。自分たちを誰も欲していない、と。

だからこそどこか暖かい里親様が見つかればいいなと願うばかりです。