猫の代理母制度!?

まずはこちらの写真から……

 母子が仲睦まじく、ごはんを食べている写真です。

本当はこのごはんは母猫の物ですが、ちび子はお構いなく、「私も!」とお母さんのごはんに食らいついていきます。

しまいには、前足をお皿の中につっこんで、ハグハグ(笑)

お母さんネコは、もう食べるのをあきらめています……

お皿をずらしてお母さんネコに食べさせようとすると、はい、この通り。

ミヨーンと伸びてまで、食べようとするちび子。

この後、すっかり食べきった母子は、同じベッドに入り、子猫はお母さんのおっぱいを吸い始めました。

お母さんは子猫をぺろぺろ舐めながら、まったりとくつろぐ……

と一見普通の母猫と子猫ですが、実はこの母猫は、本当の母親ではありません。

いわゆる「代理母」

へその緒がついたままの生後数日のこの子猫を弊店が拾ったとき、、この母猫には自分の子猫が2匹いました。

その後、実子である子猫2匹が相次いで亡くなり、母猫は独りぼっちになりました。

そんな折り、最初から人間がミルクを上げてなんとかよちよち歩きできる大きさまで育ったこの子猫をこの母猫に会わせてみたら、なんとかいがいしく世話をしてくれるようになったのです。

自分の子供と錯覚しているのか?

それとも他人の子だとわかっていて育ててくれているのか?

母猫の気持ちは人間にはわかりません。

でも、愛情たっぷりで育ててくれていることはたしかなのです。

実子が死んでおり、その後この子も避妊をしたので、おっぱいからお乳は出てくるはずがないのです。

それでも、必死で吸いつく子猫と、おっぱいを与え続ける母猫。

その姿は「愛情」以外の何物でもないなぁ、と思います。

この代理母は、実は弊店では過去に何度か経験があります。

少し前に子猫を無くしたり、すでに子猫を産んだ後に避妊もしてしまった元母猫と、小さい子猫を引き合わせると、かなりの高確率で母子のように生活をしてくれるのです。

母猫は子猫を案じてどこに行くにもひっついてきます。

子猫は何かあると母猫のところにいき、ふみふみしたり、ちゅうちゅうと吸ったり。

その姿は血のつながりなんて全く関係ない愛情にあふれてて純粋。

損得がないからこそ、純粋だなぁと感心します。

この代理母、実は生まれたての子猫を保護したときに非常に助かるのです。

生まれたばかりの子猫を人間が育てていくのは、非常に根気が必要です。

時間もマメさも必要。数時間おきにミルクをスポイトであげて、しもの世話をして……一生けん命やっても生後1か月前後まででなくなる確率は非常に高いです。

子猫はたった1日、たった数時間のことで体調が急変してすぐになくなってしまう危険性があるので、こちらも最善の注意が必要です。でも、母猫はそういうことを人間よりもはるかに高い能力で乗り越えていくわけです。

その純真でまっすぐな愛情には頭がさがります。

そしてこのように、しっかり大きく育ててくれます。

(たぶん)我が子だと思って。

猫は感情が薄い。猫はワンコより勝手きまま。気まぐれ。

そんなことはない、非常に愛情深い動物だなと、子育てのたびに実感させられ、頭がさがります。